お葬式(花の葬儀)の供花と献花と枕花の違いについて

故人を送り花、ご遺族を慰める花、葬儀の際に用いられる花。用途や目的や送る機会が異なるものがあります。お葬式の枕花・供花・献花についてご説明します

フラわリングセレモニーの葬儀

枕花とは

青葉台フローリストの枕花

枕花は(まくらばな)と読みます

訃報を受け取ってからお通夜までに贈る花を枕花といいます

ご自宅へお届けするお花です(必ず確認を取ってからお届けいたしましょう)

故人を偲び、哀悼の気持ちを表す花ですから、花は白のみで作ることをお勧めします

献花とは

献花は(けんか)と 読みます

個人の最後のお別れをする告別式の際、

参列者全員が祭壇に1人1つずつ備える花の事

亡くなった方への感謝の気持ちやお別れの挨拶を意味します

遺族側で用意するものです

供花とは

フラワリングセレモニーの供花

供花は(きょうか)と 読みます

お別れの挨拶や会場を華やかにする役割があります

遺族にお悔やみの気持ちを形で伝える花

故人の死を悲しんでいる人がいると伝える手段

1つの供花を(1基) 対にするなら(1対)と呼びます

供花充当について

Flowering Ceremonyの葬儀

供花充当とは

供花を頂いたときに一つずつアレンジを置くのでなく、

祭壇に合わせてデザインの中に花を追加して

大きくしていく事を供花充当と言います

お名前は芳名板にまとめます(上の写真の左側)

喪主様は 費用を増やすことなく供花のお花で祭壇を華やかにすることができます

祭壇のお花は個人様の好きなお花で飾ることができます

デザインに統一感ができて、葬儀会場の雰囲気もとてもオシャレになります

まとめ

故人を想いお送りするご葬儀に関わる花は、ご遺族をお慰めするものでもあります

お花とともに故人をお偲びいただけるように、 送り先様への配慮も必要です

お花の種類やお届けのタイミングなども 考えて送りたいものです

今回は供花、枕花、献花の違いをご説明いたしました

分からない事がございましたら

いつでもご連絡ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。